【サンムーン・シングル】ガルクレセ+重力催眠【第9回Aero Blast Cup4位】

お久しぶりです、発寒厨(_cizayox)です。
今回 Aero Blast Cupという大会で、4位という成績を収めることができましたので、使用した構築を紹介したいと思います。

f:id:hassamuchuu:20170116204446p:plainf:id:hassamuchuu:20170216210418p:plainf:id:hassamuchuu:20170216210506p:plainf:id:hassamuchuu:20170116205500p:plainf:id:hassamuchuu:20170216210546p:plainf:id:hassamuchuu:20170216210649p:plain

ポケモン 持ち物      
ガルーラ ガルーラナイト 猫騙し 捨て身タックル 冷凍パンチ 地震
クレセリア オボンの実 電磁波 三日月の舞 冷凍ビーム サイコキネシス
霊獣ランドロス ヤチェの実 重力 大爆発 岩石封じ 地震
ゲンガー ゲンガナイト 催眠術 身代わり 気合玉 祟り目
ミミッキュ フェアリーZ 剣の舞 影打ち シャドークロー じゃれつく
キノガッサ 気合の襷 キノコの胞子 マッハパンチ 岩石封じ 種マシンガン

結果

第9回Aero Blast Cup4位
予選ブロック5-1
決勝トーナメント1-1
3位決定戦 負け

概要

シーズン2はまだ環境が固まっておらず、特定のメタが有効に働くことはほとんど無いと考えた。そこで強力な勝ち筋を押し付ける重力催眠に注目。
相手の構築が対面気味であればガルーラを軸とした選出で、サイクルなどの受け思考の構築に対しては重力催眠の展開をする。

QRレンタルチームのURLはこちら。
3ds.pokemon-gl.com


個別

ガルーラ

f:id:hassamuchuu:20170116204446p:plain
陽気 181(4)-177(252)-120-72-120-167(↑252)@ガルーラナイト
猫騙し 捨て身タックル 冷凍パンチ 地震

相手のガルーラやミミッキュに対して強く動けるように最速の猫捨て身で採用。
こちらのクレセリアが相手のミミッキュに対して隙を作りやすいので、剣の舞を積まれても上から潰せるように陽気以外ではあり得ない。
対面気味の構築に対して選出するので、物理受けを無視した際に最も単体性能の高い努力値技構成とした。構築単位で重いパルシェンを止められる数少ないポケモン。

クレセリア

f:id:hassamuchuu:20170216210418p:plain
図太い 227(252)-67-159(↑36)-96(4)-160(76)-123(140)@オボンの実
電磁波 三日月の舞 冷凍ビーム サイコキネシス

C1↑のタイプ一致205虫のさざめき耐え
準速70族抜き
余りB

不特定多数に対して三日月展開をするためのオボンであるのでHP回復効率をそこまで意識する必要はないと判断しての配分。

ガルーラを復活させるだけでなく、重力催眠展開をして疲弊したゲンガーからクレセリアに引き、相手に電磁波を入れてゲンガーを復活させる立ち回りや、襷が発動しなかったキノガッサの襷を復活させるなども強力である。

ゲンガーだけではスカーフ地面とスカーフテテフがかなりきついのであるが、このポケモン一匹で解決出来る。
クレセリアでゲンガーを復活させる展開方法はブロGさんから案を頂いた。

霊獣ランドロス

f:id:hassamuchuu:20170216210506p:plain
陽気 171(52)-183(140)-111(4)-112-108(60)-157(↑252)@ヤチェの実
重力 大爆発 岩石封じ 地震

A194メガガルーラの猫騙し+冷凍パンチ耐え
C200テテフのフィールドサイキネ耐え≒ゲッコウガの冷凍ビーム耐え
相手のポケモンのスカーフ判別をしやすいように最速
余りA

基本的に初手に出し威嚇を用いて相手との素早さ判別を行い、重力展開からゲンガーに繋ぐ。
岩石封じという技により二回の行動がしやすい点、威嚇により初手でテテフなど素早さ関係が分からないと致命的になりやすい相手の持ち物を絞りやすく、なにより構築の並びとして不自然でないので重力展開を警戒させないなど、重力始動は霊獣ランドロスでなければならない。
重力下ではテッカグヤなどに対してタイプ一致の地震を打てることも重要。

ゲンガー

f:id:hassamuchuu:20170116205500p:plain
控えめ 135-63-101(4)-244(↑252)-105-182(252)@ゲンガナイト
催眠 身代わり 気合玉 祟り目

サイクル構築など低速~中速の構築に選出することが予想され、高速の相手に対しても豊富なS操作により困ることはないと考えたので火力重視の控えめ。
これにより、環境のほとんどのガルーラを気合玉一発で倒すことが出来る。
ヘドロ爆弾では範囲が足りない。

ミミッキュ

f:id:hassamuchuu:20170216210546p:plain
意地っ張り 131(4)-156(↑252)-100-63-125-148(252)@フェアリーZ
剣の舞 影打ち シャドークロー じゃれつく

範囲を重視した努力値技構成持ち物。
霊獣ランドロス+ゲンガーと選出した際、重力ターンの関係上ゲンガーで二匹は倒せるが三匹目は催眠を60%で当てるしかない、という状況になりやすい。そこでゲンガーの65祟り目+多くのポケモンを縛れるポケモンを考えたところミミッキュに辿り着いた。

様々な選出に組み込めるため腐る場面がほとんど無く、ギミック構築の補完枠としてはこれ以上ないほどの性能を誇る。

キノガッサ

f:id:hassamuchuu:20170216210649p:plain
意地っ張り 135-200(↑252)-101(4)-72-80-122(252)@気合の襷
キノコの胞子 マッハパンチ 岩石封じ 種マシンガン

ランドロスがカバルドンなどによる相手の展開を止められないので採用。
少し重たいレヒレに対して強く、ミミッキュのように重力展開のラストに残す形も強い。
ガルーラミミッキュキノガッサによる対面選出は、圧倒的な範囲により自分だけじゃんけんで二つの手を同時に出しているようだった。

選出

前述した通り、対面や展開構築にはガルーラを軸とした選出で押し切り、サイクルなどの受け身な構築に対しては重力展開により相性差を無視して上から制圧をする。

総括

選出段階でゲンガーを出さざるを得ないようなサイクルの並びにミミッキュがいる場合は運が絡んでしまうため厳しかった。

岩石封じやじゃれつくなどの命中不安技を採用している以上運が絡みやすいことは問題であり、決勝トーナメントではじゃれつくか気合玉どちらかが当たっていれば勝ちが確定していた場面でどちらも外してしまい敗退した。

しかし相手に依存する行動がほとんどないので、シーズン序盤の混沌とした環境で明確に勝ち筋を押し付けられることは強力であった。